[ORAS]シーズン11 PT トリックルームメガカメックス

PT変移

f:id:gofgo:20150913165302p:plainf:id:gofgo:20150913165316p:plainf:id:gofgo:20150913165510p:plainf:id:gofgo:20150913165519p:plainf:id:gofgo:20150913165526p:plainf:id:gofgo:20150913165601p:plain

f:id:gofgo:20150920214008p:plain

あまごいファイヤーと、メガカメックスが使いたくてここから始めた構築。

おいかぜとトリックルームの素早さ切り替えを意識してPTの形をつくった。

ドーブルの”ダークホール”から”しおふき+α”で試合を形作れた事もあり、非常に強かったが、テラキオン,サザンドラがきつかったり、単純にメガガルーラが少し重たい形になったのでそこを改良した。 このPTでの最高レートは1916.

ドーブルの力を借りて、ギミックなしのファイヤー入りで1900以上を成し遂げることが出来た。

f:id:gofgo:20150913170228p:plainf:id:gofgo:20150913170232p:plainf:id:gofgo:20150913170241p:plainf:id:gofgo:20150913170249p:plainf:id:gofgo:20150913170331p:plainf:id:gofgo:20150913170409p:plain

結論からいうと、改良したように見えたがなぜか最高レートが下がってしまった。

f:id:gofgo:20150921043051p:plain

ゲンガーをメガネにして、マジカルシャインを持たせサザンドラへの回答を出し、

メガガルーラに対して、トリックルーム役をサマヨールにすることによって一方的に阻害 おにびによる、ヒードランのサポート又は物理ポケモンを鈍らせることに成功、あまごいによるメガカメックスのサポートも上手く生きた。

ランドロスを採用することによって、威嚇+テラキオンの処理ルートを作成。

そして、単純にモロバレルメガカメックスの並びがトリックルームを決められなかったとしても強い形になることを、他の人のPT,立ち回りを見て知ったのでナットレイからモロバレルへ変更。

ファイヤーから、ヒードランにした理由はトリックルームをフルに生かしたかった+もらいびおにびによるギミックを採用したかったからだ。

 

f:id:gofgo:20150913170612p:plain

このPTで出た何か

・co1824451さんが開いた大会: ベスト8

・グロリアオンライン予選: Fブロック ベスト4