フィルのアレメモ

世界を目指す俺は今からフィル・ゴードンの意思を吸収する,

世界的に勝っているPlayerの資質
忍耐強い
アグレッシヴである
勇気がある
観察力がある
努力家で向上心を持ち合わせている

「勝つための全ては決断にかかっている」

勝つ時にはすべて重要な決断と直面する。

・このハンドをプレイすべきか?
・どのくらいレイズすべきか?
・自分がベストハンドなのか?
・相手をフォールドさせられるか

これをポケモンに置き換える。

・この技選択で大丈夫か?
・どのぐらいアグレッシヴに行動するか 急所などの期待値を計算
・自分の選出が合っているか
・相手の駒を倒しきれるか

結果、自らがより多くの適切な決断ができたなら私は勝つだろう。着実に。

フィル・ゴードンは自らの最終地点として設けていることがある
いかに相手のアクションをも思い通りにコントロールできるか、だ。
全てのチェック、レイズ、ベットもしくはフォールドと言った判断において
自分のミスを最小限にして、相手のミスを最大限引き出すように努めている


?ベストな選択をしても負けてしまった場合
相手の急所や、混乱によって負けることはポケモンにもありえることだ。
しかしこれがなくなった場合ポケモンをする価値はなくなってしまうだろう。
もしベストな選択をして負けてしまった場合負けてしまったとしても
それはくよくよ悩むべきではなく、何も良いことはないのだ。

?自分のアクションの番が来た よく考えて!
自分の番がきたら、私は頭のなかで毎回かんたんな自問を行う。
・相手のプレイスタイル
・相手はどんなハンドを持っているのか
・相手は私のハンドを何と読んでいるのか
・ポジションは有利か不利か

そしてこれらの答えが見つかった時最も重要な問題に差し掛かる。

○ベット(もしくはレイズ)すべきか?
・もし自分のハンドがベストならば答えはイエス。ベットかレイズをする。
・もしこのベットもしくはそれ以降のベットで弱々しい相手を降ろせると思えば答えはイエス。ベットかレイズをする
・もし自分のハンドが期待値の高いドローハンドでなおかつ相手が降りてくれる可能性(フォールディングエクイティ)もあると思えば答えは
イエス

これらに当てはまらない場合チェックかフォールドをする。




★これらの事を繰り返す事で見えてくる物は、他のPlayerなら見落とすかもしれないチャンスを、しばしば見逃さずに済んでいるということだ。

?下手なPlayer

続きは暇な時書きます