砂+クレクチ(WCSレート)

f:id:gofgo:20180418175801p:plain

このツイートを見て、いかくを他で補う事+相手のいかくに対する牽制をすれば活躍出来るのではないかと考え
レーティングにて使っていた構築。
f:id:gofgo:20180417040852p:plain

ランドロス
H4 A252 S252
前提として、化身ランドロスと言えば特攻に割いた形になる場合が多いが、
今回はしっかりとカプ・レヒレをすなのちから込みで 落とす事が可能になるため、攻撃に割いた形。
使用感として、動きづらい印象はあまりないがバンギラスとセットで出す、
もしくはボルトチェンジやとんぼがえりでバンギラスを裏から投げるという動きも可能にはしていないため課題は残る形になった
だいちのちからをいれた意味は、だいちZとじしんZの打ち分けが可能になるから。いかくが3段階入った状態でも、特殊方面の高威力が出せるのが大きい

バンギラス
H4 A252 S252
とりあえず、バンギラスいわなだれが強い事は明らかなわけだが単体の性能として見た時
こだわりハチマキや、Z、きのみなど様々な選択がある。だがこだわりスカーフを巻いた時の上からの行動保証を優先した。
ランドロスと出す時もあるが、トリックルーム後の掃除役に使われる事も多々。

クチート
H252 A204 D52 (C200ヒードランのねっぷう耐え)
いかく兼、現環境でエースとして活躍が見込める少ないメガ枠
こいつの行動回数=勝ちに近づけるといっても過言ではないだろう。
まもる場面でもふいうちをした方が強いし、まもるを所持していたとして好転しない場合が多いと感じた。

クレセリア
H252 C252
トリックルーム下で、手助けをするよりも技構成の問題により辛いカクトウやトリトドンのようなポケモンに対してある程度のダメージを捻りだせるように
特攻に割いた。めざめるパワー毒は一貫性を考えての採用。カプ・ブルルを下から殺せる事やカプ系統のサイクルに対して一貫性がある事も含まれた。

ガオガエン
H236 A116 B4 D148 S4 (EF10万ボルトベースZ耐え)
ランドロスが化身なことによる、いかく枠をメガ以外でも確保しておきたかったことやねこだまし、はたきおとすの汎用性は言うまでもなく。
ばかぢからにしている理由はガオガエンミラーで大きく有利を取るため。基本的に撃ち逃げ
ねこだまし+トリックルームによる基本的な動きにもスペルスピードを遅らすことなく相手の選出に負担をかけることが可能である点も優秀。

ミロカロス
H236 B164 C12 D36 S60(ライジング配分)
いかくを牽制するための枠で、場を整える事を役割としているが勝ち気が発動した場合じこさいせいをいかしヘイトを集めながら攻撃も可能という枠
くろいきりを採用することによって、カビゴン暗示展開やカプ・レヒレとのタイマンにも勝てる性能となっている。
選出率でいうとイマイチなのと、きのみをソクノにしたverだと動きやすいと感じたが相手が大事にしてくるカプ・ブルルカミツルギに対して1発で死んでほしくはない事から
暫定的にリンド

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-44CE-8F69