ちゃね式滅び(WCSレート)

サンムーン時代に全国ダブルで使っていた、Rペルシアン+ゲンガーの滅び展開に加えて
プロトタイプでガオガエンをいかく解禁前に加えていたこともあり自然に導入でき、瞬間最高レート1位を獲得することが出来たPTです。

f:id:gofgo:20180330110020p:plainf:id:gofgo:20170719075258p:plainf:id:gofgo:20180330114054p:plain
f:id:gofgo:20180330105853p:plainf:id:gofgo:20180330110015p:plainf:id:gofgo:20180330114107p:plain

ゲンガー
ほろび要因であり、一番重要なポケモン
動かすタイミングやガオガエン,ペルシアンねこだましの方向をしっかりと毎回選ぶ事が重要になってくる。

Rペルシアン
すてゼリフ+ねこだましという圧倒的なユーティリティに長けたポケモン
ガオガエンが上から殴られるような展開になりそうな時や、ゲンガーを特に大事にしておくべき時に選出
これは「すてゼリフZ」による、交代先の全回復が大きく持ち物はアクZ以外あまり考えたくない

ガオガエン
いかく+ねこだまし+とんぼがえり+耐性偉い というポケモンだが滅びの歌を主軸に置いている場合
選出しない事も多々ある。いかくの重要性が高い時に+ランドロスと一緒に出す事が多い

スイクン
滅びの構築にスイクンというとかなり珍しいように思えるだろう。
しかし、滅びで2体を倒した場合。2タイプに分かれる 相手が前のめりなPTだった場合 攻撃的なポケモン が後ろにいる事が多い
その逆だった場合スイクンは非常に刺さる 今回使用したのも前回から引き続いて「めいそう」を所持したタイプにして
よりタイマン性能を重視した形となる。
ちなみに、vsジャラランガになった場合Pressureをうまく活かす立ち回りをすれば勝てることもある。

フレフワン
USMからの滅びの友であり、敵でもある「ジャラランガ」に対して仕方なくいれざるを得なかったというポケモン
この枠の考察は
アグノム ウツロイド アーゴヨン サーナイト カプ系統 トリデプス バッフロン Rキュウコン テッカグヤ ミミッキュ..etc
マイナー所からメジャーどころまで色々考えた結果161-127ジャラランガの耐久が絶妙すぎる+カプ・テテフがそもそも構築単位で重たい
事から、C110程度 S96以上 という水準まで求められ更にジャラランガを倒せるというのは、実はあまり存在しない事実もある。
フレフワン」にした理由はおさきにどうぞ+てだすけ+トリックルーム+フェアリー技を使えるという点でこれに該当するのは、こいつしかいないだろう。
f:id:gofgo:20180409133841p:plain


ランドロス
クッション+がんせきふうじによる味方へのS操作

f:id:gofgo:20180330111831p:plain

52戦41-11
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4C34-8096


つらい
カプ・テテフ+メタグロス
メガバンギラス
コケコ+ランド
キリキザン